クリーニングすると洋服にビニールがかかって渡されますが

衣替えでしまうならばビニールの状態にはしないように誓いましょう。
ビニールの意味は保存するためとは別の理由です。
お店の中で汚れがつかないためについていますから、中から出して風通しを良くしないといけないので、ビニールをしっかり外してから片付けるように習慣づけましょう。
保管してあった服を衣替えだからと取り出すと、シワが寄ってしまっていてそのままでは着るのが難しいことはありがちです。
しわができやすい服は丸めてしまわないで平らな状態で重ねて、出したらさっと着れるようにしましょう。
たくさん重ねてもしわができますから、多くても3枚は超えないようにしてそれ以上は重ねておかないように考えましょう。
簡単に衣替えをすませたければ、服を片付けるときに季節ごとにしまうことが役立ちます。
薄手の上着などはしょっちゅう着ますからすぐ出せる場所においておくことが不可欠です。
冬物も夏物もわからない状態で入ったままでいると出すのも大変ですから、衣替えの時にいつも分けておいて、ほしいものをすぐに取り出せるよう考えましょう。

xn--eckr4nmb9850anng22hrvi8nfppg.xyz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です